« BS2『アニメ主題歌大全集』(5/28) | トップページ | 八王子車人形を見た! »

2006年5月28日 (日)

「岩窟王」と「練炭」に思うインターネットの使い方

去年、だったかな?GONZOのアニメ「岩窟王」を観ながら配偶者に話したこと。
「『岩窟王』と言ったら『モンテ・クリスト伯』の日本での児童向けリライトの書名だな。明治時代には既にこのタイトルで訳されていたらしい」
「考えてみると、近代以降現代まで日本人は子供に凄い話を読ませてたもんだな。あれって全篇、凄絶な復讐の話だ。子供の情操教育に悪いって批判は聞いた事がない」

「あの話は、子供に、短絡的な手段でなく、大望を達成する為に学問、技術を習得して知恵や行動力を身に付ける努力をすることを説いた、近代化政策の一環だったんだろうね。」

「そういえば最近「練炭」を使った一酸化炭素中毒自殺の報道が続いているけれど、あれ一酸化炭素中毒死が一番きれいに死ねるけれど、ガスは、爆発被害を招く恐れがある。炭なら安全(?)ということがインターネットで広まった所為かもしれない。」

「そう考えていくとインターネットは自殺の「方法」は教えてくれるけれど、復讐の「知恵」は学べない。それがネットの効用と限界かもしれない」

|

« BS2『アニメ主題歌大全集』(5/28) | トップページ | 八王子車人形を見た! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/10280762

この記事へのトラックバック一覧です: 「岩窟王」と「練炭」に思うインターネットの使い方:

« BS2『アニメ主題歌大全集』(5/28) | トップページ | 八王子車人形を見た! »