« Suica専用改札口にはさすがに・・・ | トップページ | 劇場版「機動戦士Ζガンダム」と本「女たちの一年戦争」 »

2006年5月12日 (金)

藤子不二雄と宮崎駿

また何度目かの「もののけ姫」のテレビ放映。何度観ても前半は文句なしにいい。
網野善彦史観そのまんまの世界観もあからさまな黒澤映画LOVE振りもいい。
後半はいつも収拾がつかなくなるけれど。
そういえば故藤子不二雄原作総指揮の劇場版ドラ映画もそうだった。前半入れ込み過ぎていつも終盤腰砕けになることはご本人自ら認めていた。
「もののけ姫」は、ドラ映画で言えば「のび太の日本誕生」だ。

|

« Suica専用改札口にはさすがに・・・ | トップページ | 劇場版「機動戦士Ζガンダム」と本「女たちの一年戦争」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/10037032

この記事へのトラックバック一覧です: 藤子不二雄と宮崎駿:

« Suica専用改札口にはさすがに・・・ | トップページ | 劇場版「機動戦士Ζガンダム」と本「女たちの一年戦争」 »