« 日経新聞「私の履歴書」八月は、小堀宗慶~ | トップページ | 坂東眞砂子「猫殺し」の寓話 »

2006年8月22日 (火)

坂東眞砂子はホントは猫を飼っていないと思う~

坂東氏が、八月十八日付日経新聞夕刊連載エッセイ欄「プロムナード」で「猫殺し」について書いたことが一部で話題になったそうな。タヒチで同氏は、猫の避妊手術「子種殺し」は、雌猫の生=子を産むこと、を奪う行為だからする気になれない。しかし社会に対して、増えすぎた猫の飼い主としての責任もある、だから生まれた子猫を裏の崖から放り出して殺している、というのだ。「子種殺し」と「子殺し」にどれほどの差があるというのか・・・と。

実は、私、知人がデジカメとかで自分の飼犬の写真を見せびらかすと
「美味そうだね。いつ食べるの?え、食わないの・・・じゃなんで飼うの?」
とからかって嫌な顔されるのを楽しむことがある・・・。

ペット愛好家に対しては、避妊手術をペットに施すことが推奨されているが、私はこれがどうもおぞましい気がする。そこまでしてどうしてわざわざペットを飼うの?動物の生をどうしてそこまでして人間の都合で作り変えてしまえるのか。

だから私はペットを飼えない。そういう自分を振り返ってあらためて同エッセイを読み返すと、これはペット大国日本に対する風刺と読めるのだ。
「子種殺し」が、可愛がっているからこその「避妊手術」だという理屈でまかり通る「現実」に対して、ホラー小説の鬼才が、飼い主による「子猫殺し」という「寓話」をぶつけたのではないだろうか。

|

« 日経新聞「私の履歴書」八月は、小堀宗慶~ | トップページ | 坂東眞砂子「猫殺し」の寓話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/11556973

この記事へのトラックバック一覧です: 坂東眞砂子はホントは猫を飼っていないと思う~:

« 日経新聞「私の履歴書」八月は、小堀宗慶~ | トップページ | 坂東眞砂子「猫殺し」の寓話 »