« 曽我部和恭さん死去 | トップページ | 米澤嘉博さんのご冥福をお祈りします。 »

2006年9月27日 (水)

最悪、教育再生担当首相補佐官山谷えり子・・・

予想してはいたけれど、やはり現実になるとこれは痛い・・・。

山谷えり子を記憶に留めるきっかけとなったのは、二、三年前の5/1フジテレビ「報道2001」の性教育推進派と慎重派の討論だった。

で、慎重派に八木秀次と山谷えり子がいたわけだ。
山谷は、クリントン政権下のある高校で、性教育ではなく「純潔教育」を実施し、成果を挙げたと主張。

これに対し、推進派が、その事例には、その後の調査結果があると主張。
なんとその高校の女子高校生の非婚での妊娠者が増加した、というものだ。
理由は、考えるまでも無い。単に生徒に性的無知が増えただけだった、という話だ。

これに対し、山谷は「いろんな統計があるんです」と妙な反論。司会進行もさっさと別の話題に移行。(言うまでもなく、フジテレビはフジサンケイグループであり、山谷は「サンケイリビング」編集長出身だ)

他にも、八木、山谷は、今でも有名な事例
「学校がジェンダーフリー教育の名の下に、男女一つの教室で着替えさせている」と主張。

これも推進派が、事実無根であることを指摘(単にクラスのリーダ各でさばけた(?)女子が、遠い更衣室に行くのが面倒でやった大胆な行動に、同級生が付き合わされて、恥ずかしくて悩んだ、程度の話が元らしい)等等。

後で、山谷えり子のネタの出所(行き過ぎたジェンダー教育論の根拠となる事例とやら)を調べてみると、行き着く所は、昔の週刊新潮の記事と、統一教会系サイトなのだ。

さらにこの程度の話(統一教会の反ジェンダー・フリー主義活動、主張)は、ウィキペディアや、はてなの解説でさえ指摘されていて読める。

つまり、どういうわけか山谷えり子と統一協会が「純潔教育」「行き過ぎたジェンダーフリー教育」といったキーワードを共有しているのだ。
そして安倍首相は・・・。

|

« 曽我部和恭さん死去 | トップページ | 米澤嘉博さんのご冥福をお祈りします。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

統一教会は勢力を伸ばしてるんですかね?
山谷は調べると昔はこんなタイプじゃなかったようにも思えるんですが何が変えたのやら・・・
困った連中だわ

投稿: もんた | 2007年3月 4日 (日) 03時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最悪、教育再生担当首相補佐官山谷えり子・・・:

« 曽我部和恭さん死去 | トップページ | 米澤嘉博さんのご冥福をお祈りします。 »