« 私がバブル崩壊から得た教訓 | トップページ | いいぞ!海野つなみ『後宮』第二巻 »

2006年9月15日 (金)

安倍政権の「教育再生」を望まない

もはや大勢は決まっているから安倍「首相」にはこれだけは考え直して欲しい。

・大学入学前の「ボランティアの義務化」←それは、「タダ働き」というものだ。マクロに見れば適正な雇用機会、労働市場崩壊への誘引となりかねない。あるいは「学徒動員」か「勤労奉仕」か。

・以前から同氏の周辺の保守派議員、知識人達の、教育関係発言、姿勢が胡散臭くてしょうがない。
各人についてあちこちで指摘されているだろうが、特に私の場合は、「山谷えり子」議員が気になる。

反ジェンダー・フリーを標榜すること自体は思想の自由だが、調べるととっくに反証の挙がってる教育現場事例と称するものを、いつまでも事実の如く、ぬけぬけとふれまわっている。
そしてその反ジェンダー・フリー発言を支持しているのが、統一教会系のサイトだ。というか統一教会系サイトのジャンダー・フリー攻撃と同議員の発言内容とがそっくりだ。今の所、両者の関係を証明するものはないが、キーワードは「純潔教育」だろう。
他にも性教育嫌いの保守派知識人、議員が安倍氏の周りに集まっている(というか同氏が重用している訳だが)。性教育をポルノ、アダルトグッズ扱いする連中だ。

安倍氏が側用人を替えるか宗旨替えをしてくれないなら短期政権を望む。

|

« 私がバブル崩壊から得た教訓 | トップページ | いいぞ!海野つなみ『後宮』第二巻 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

ボランティアは自由意志で行なうもので義務化となれば強制労働です。今の教育改革は政権に都合よくひとつの思想の元に教育しようとしているとしか見えません。次期政権の思うような人間を作り出そうとしているのです。私はこのように感じています。性教育とポルノ類と同じレベルでしかみれない人が国会で議論していることが時代錯誤でると感じます。今偏った思想が国会の中に充満しています。右翼も考えないことが平然と国会で通用する世の中が恐ろしく感じます。

投稿: 未来新吾 | 2006年9月15日 (金) 14時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安倍政権の「教育再生」を望まない:

« 私がバブル崩壊から得た教訓 | トップページ | いいぞ!海野つなみ『後宮』第二巻 »