« アニメ「精霊の守り人」徹底トーク③ | トップページ | 『神の守り人』来訪篇、帰還篇 »

2006年11月 7日 (火)

アニメ「精霊の守り人」徹底トーク④

バルサが若過ぎるのでは?についての神山監督の「言い訳」も面白かった。

最初は、今時の人は、三十路になってもあまり老けていない、というありがちな話だったのが、「バルサはイチローをイメージした」と。三十代を過ぎてもイチローは輝いている(はつらつと活躍している)ことを言いたかったようだ。

しかし、(以下はあくまで私の「邪推」だが)この話を聞きながら終始、ニヤニヤしていた後藤作画監督が気になった。

察するに(くどいようだがあくまで私の邪推)色々、バルサが若々しいことに言い訳している神山監督だけど、「攻殻」の第2シーズンでも、女性首相を老けさせるのを嫌がり、若々しい美人にした位だから、結局、監督の好みってことでは。

個人的には、やっぱりバルサのキャラデザの首から上は、まだ違和感がある。じきに慣れるだろうけど。

|

« アニメ「精霊の守り人」徹底トーク③ | トップページ | 『神の守り人』来訪篇、帰還篇 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/12588911

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ「精霊の守り人」徹底トーク④:

« アニメ「精霊の守り人」徹底トーク③ | トップページ | 『神の守り人』来訪篇、帰還篇 »