« マンガ感想:あの話題作が苦手、という人向けのマンガ | トップページ | コードギアス 反逆のルルーシュ »

2007年1月 4日 (木)

上橋菜穂子「虚空の旅人」(偕成社)

2001年発行。今春アニメ放映予定の「精霊の守り人」シリーズ外伝。

守り人シリーズと、アニミズムやシャーマニズム等のファンタジックな描写は同じだが、新ヨゴ皇国の王子チャグムを主人公とした国と国との政(まつりごと)を巡る駆け引きをメインにしたストーリー展開が「守り人」との違いだ。

海上諸島の海の民を中心とした商人であり武人でもある国家、サンガル王国が王族の女達と島守りとの結婚による結びつきを計り、実質的な情報網と政略をこの、王族の女達が握っている、という設定と描写が実に興味深かった。例えて言うならインドネシアに女系制のイスラム教国家があるような感じか。

|

« マンガ感想:あの話題作が苦手、という人向けのマンガ | トップページ | コードギアス 反逆のルルーシュ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

上橋菜穂子」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/13335482

この記事へのトラックバック一覧です: 上橋菜穂子「虚空の旅人」(偕成社):

« マンガ感想:あの話題作が苦手、という人向けのマンガ | トップページ | コードギアス 反逆のルルーシュ »