« 機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション4 | トップページ | NHK「あの歌がきこえる」ビッグ錠大暴れ! »

2007年1月 8日 (月)

号泣必至「レ・ミゼラブル 少女コゼット」

BSフジではなく。BIGLOBE配信で観る。世界名作劇場をパソコンで観る時代になったのねえ。

「レ・ミゼラブル」で何度も本国フランスを中心に、劇映画に限らず何度も長編テレビドラマ化されていて、それが日本でもNHKとか、民放で私の印象では二三年ごとに新作旧作が放映されている。

年末年始のお節番組しかない時なんか放映されると、ドラマの厚みが日本のとは比較にならないから、自然に何度も観ることになった。だから自慢じゃないがストーリーは暗記している。

で、観ると斉藤由貴の歌と共にOPで、どれが何の場面か分かった。これはキツイ。順序は変えても原作どおりにやる気だ。もうこの時点でうるうる・・・。

一回目でコゼットのママが単純とかいう感想が出てるようだが、物語を覚えてる者は、それどころじゃない(笑)。この後、美人のママさんがどんな悲惨な末路、そしてカワイ過ぎるコゼットがどんな苦労をするか、それを思って、ヨ、ヨ、ヨ・・・(涙)。

とどめはEDも斉藤由貴の「私のお母さん」うわーん!ひねり無しのストレート。強力過ぎる。
中年視聴者をもらい泣きでゲットする気か。

|

« 機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション4 | トップページ | NHK「あの歌がきこえる」ビッグ錠大暴れ! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/13391951

この記事へのトラックバック一覧です: 号泣必至「レ・ミゼラブル 少女コゼット」:

« 機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション4 | トップページ | NHK「あの歌がきこえる」ビッグ錠大暴れ! »