« 吉田とし、という児童・青春小説家がいた。その1 | トップページ | 韓流ドラマブームはまだ終わらないと思う »

2007年1月11日 (木)

女流棋士の新スター誕生?里見香奈

NHKのニュースで将棋の女流棋士、14歳の里見香奈1級が「レディースオープントーナメント2006」決勝3番勝負・第1局に勝利したことを報じていた。

昨年末から、女流棋士界は、日本将棋連盟からの正式な独立法人化を準備中だ。やはり新しい時代には、新スターが現われるものなのかもしれない。
独立法人化した後の女流棋士界は、きっと今の日本女子プロゴルフのように、男子を圧倒する人気を彼女のような新スター達が引っ張るに違いない。そんな華やかな光景が目に浮かぶようだ。

|

« 吉田とし、という児童・青春小説家がいた。その1 | トップページ | 韓流ドラマブームはまだ終わらないと思う »

ゲーム」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女流棋士の新スター誕生?里見香奈:

» 女流棋界の大一番 [即席の足跡《CURIO DAYS》]
前回の記事で、 「若くしてタイトルを取れるような天才少女棋士なんかが出てくればいい。」 と書いたとたんに、こういう状況になりました。 『矢内理絵子女流名人と里見香奈女流1級で争われるレディースオープン・トーナメント2006(週刊将棋主催)決勝三番勝負第1局が11日午前10時から東京・将棋会館で行われ、午後4時57分、117手で里見が勝ち、公式戦初優勝まであと1勝とした。』 女流棋士現役最年少、唯一の中学生で、�... [続きを読む]

受信: 2007年1月13日 (土) 14時35分

« 吉田とし、という児童・青春小説家がいた。その1 | トップページ | 韓流ドラマブームはまだ終わらないと思う »