« 高畑勲の「もーれつ残酷ギロチン一家」って | トップページ | ロケットガール 第一話 »

2007年2月21日 (水)

レ・ミゼラブル 少女コゼット 第七話

「迷子のエポニーヌ」無料配信を、本日やっと観る時間をとれた。

エポニーヌの方がキャラとしては生き生きしているな。スタッフとしても、ただのいい子、悪い子、カワイそうな子を描いても面白くないんだろう。
昔の名作劇場は、良い子でないと評判が悪くなった、主役でないとはいえ、エポニーヌの描きっぷりを観ていると、昔とは隔世の感がある。

しかし、コゼットの旅立ち、そして成長後はどうするんだろう。将来のライバルキャラにでもしたら別の展開として面白いかも。
どうするかと言えば、配偶者が、あの犬のシュジュは、コゼットが出て行く時、どうなるんだろう、と言っていた。

遂にマドレーヌ側の描写はなかったし、ファンティーヌの方は、原作に沿って?どの辺りまで落としていくか(オレも結局嫌な期待しているな)。しばらくオリジナル描写でキャラをふくらましていくか、今後の展開に注目だ。

|

« 高畑勲の「もーれつ残酷ギロチン一家」って | トップページ | ロケットガール 第一話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/14001863

この記事へのトラックバック一覧です: レ・ミゼラブル 少女コゼット 第七話:

« 高畑勲の「もーれつ残酷ギロチン一家」って | トップページ | ロケットガール 第一話 »