« アニメ感想:精霊の守り人 4話 | トップページ | NHK-FM『今日は一日・・・アニソン三昧(ざんまい)』 »

2007年4月29日 (日)

アニメ感想:スカルマン 一話

胡散臭い、IFの歴史の近過去もので石森作品復活、というのは、ある意味象徴的かもしれない。
石森章太郎が輝いていた時代、六、七十年代は、まだ世界というものに胡散臭いものが存在すると信じられていた時代。その胡散臭いものに闘いを挑んでいたのが石森の世界だった。
八十年代以降、ミクロからマクロまで世界の「仕掛け」は暴かれ、胡散臭さは雲散霧消した。
そうなると石森ワールドの闘いは説得力を失っていった。

|

« アニメ感想:精霊の守り人 4話 | トップページ | NHK-FM『今日は一日・・・アニソン三昧(ざんまい)』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/14889776

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:スカルマン 一話:

« アニメ感想:精霊の守り人 4話 | トップページ | NHK-FM『今日は一日・・・アニソン三昧(ざんまい)』 »