« レ・ミゼラブル 少女コゼット 20話 | トップページ | 週刊文春が「少女コミック」を嗅ぎつけた »

2007年5月24日 (木)

アニメ感想:ぼくらの

今更だけど、「アンインストール」とOPアニメが良過ぎる。変なほめ方だけど、あのままNHK「みんなのうた」に持っていっても通用しそうだ。

原作のきつい設定を月刊ペースで読むのはきついと思っていたが、アニメはこのOPで毎週つかまれてしまう。さらに驚いたが現在CM中のDVDの宣伝コピーも傑作だ。

同作者の出世作「ヴァンデミエールの翼」をピックアップしているブログがあったが慧眼だ。
忘れていた私も同書を引っ張り出して読み直したが、当時から洗練されていただけでなく、人間の生と死、肉体と魂、少年の性という根源的な主題を追求し、今も更に深めている、大変な才能の作家だ。

|

« レ・ミゼラブル 少女コゼット 20話 | トップページ | 週刊文春が「少女コミック」を嗅ぎつけた »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/15184098

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:ぼくらの:

« レ・ミゼラブル 少女コゼット 20話 | トップページ | 週刊文春が「少女コミック」を嗅ぎつけた »