« アニメ感想:レ・ミゼラブル 少女コゼット 25話 | トップページ | アニメ感想:「精霊の守り人」13話 »

2007年6月30日 (土)

外務省 第一回国際漫画賞決まる

http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/h19/6/1174259_806.html

発表通りなら二十六カ国から百四十六作。短期間にしてはよく集まったものだ。
しかし、受賞者、李志清は、邦訳も、日本の原作者と組んだ作品を発表している実績もある。選考メンバーも考えると、功労賞という意味合いもあるか。
しかし~しか~し、実績があるから妥当な選考、というのは同時にあまり面白みのない結果と裏腹だ。
個人的には、入賞作に韓国のパク・ソヒの「宮」が入っていたのはうれしいが、外務省のプレスリリースの作品紹介表に「宮~Love in Palace~」とあるのは厳密には間違い。
「~Love in Palace~」はドラマのタイトルにくっついてる部分だ。

そして入賞止まりと言うのは、選考委員会に見る目が無いだけでなく、賞設立の趣旨からしても日韓友好の機会を一つ逃した、と断言する(笑)。

|

« アニメ感想:レ・ミゼラブル 少女コゼット 25話 | トップページ | アニメ感想:「精霊の守り人」13話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/15601289

この記事へのトラックバック一覧です: 外務省 第一回国際漫画賞決まる:

« アニメ感想:レ・ミゼラブル 少女コゼット 25話 | トップページ | アニメ感想:「精霊の守り人」13話 »