« アニメ感想:精霊の守り人 12話 | トップページ | アニメ感想:レ・ミゼラブル 少女コゼット 25話 »

2007年6月23日 (土)

マンガ感想:驚異の古典訳「後宮」第四巻

この分かり易さには感嘆する。(海野つなみ・作。講談社)

これまでもそうだが、原作の現代語訳を読んでもその分かりにくいこと。それがこのマンガを読むと、毎巻「そうだったのか!」とうならされる。

この第四巻に相当する原作の件も、一段と分かりにくく書かれている。
おそらく史実を隠そうと意図的にやってるとか、そんな技巧的、良心的?なものではない、史実と実在の人物を使って、権勢を鎌倉に持っていかれた斜陽の宮中の無沙汰、倦怠を慰める為に書かれた娯楽読み物だからだ(と私は解釈している)。
だからはっきり言ってつじつまが合わない、リアリティ無しでもOK、要はひと時楽しめればそれで良かったのだ。
しかし、時代が後世となれば説明不足は、行間を埋めてもらわなければ話は理解できない。

そこで、この「後宮」だ。あの分かりにくい原作をここまで、分かりやすく、リアリティを成立させている。その学者も顔負けの考証と解釈。その理知を支えるドライなペンタッチがあり、マンガには必須のキャラへの「共感」も生み出している。

二条の苦悩の描写も、後深草院(御所様)の兄弟との確執や愛憎も、原作ではストーカーとしか思えない性助(御室)も、実兼の苦悩も、今の私達に共感できるように描かれている。
憎まれ役、敵役の方の描写も現代の「時代物」には欠かせない・・・奔放な亀山院、狡猾な近衛の大殿、ときっちり悪役を演じさせている。

特に、原作では何考えているのか分からない(分からないばっか・・・)御所の、二条への愛憎、性助への気遣い、大殿との苦渋の駆け引きの解釈には、その情感、論理の明晰さは秀逸。

|

« アニメ感想:精霊の守り人 12話 | トップページ | アニメ感想:レ・ミゼラブル 少女コゼット 25話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/15535191

この記事へのトラックバック一覧です: マンガ感想:驚異の古典訳「後宮」第四巻:

« アニメ感想:精霊の守り人 12話 | トップページ | アニメ感想:レ・ミゼラブル 少女コゼット 25話 »