« 今の朝青龍を見ていると~ | トップページ | アニメ感想:レ・ミゼラブル 少女コゼット 49話 »

2007年12月 3日 (月)

アニメ感想:レ・ミゼラブル 少女コゼット 48話

「コゼットとマリウス」

オリジナル展開で微妙な情報のずれを実に巧に描いている。
第一に、ガブローシュ生還によってエポニーヌも含めた横のつながりが明らかになった。
同時にしかも逆にジャン・ヴァルジャンは未だ偽りの人生に決着をつけられないために、ジャベールを通じて真実が露呈することを恐れ、真相を明かせない。
これによってやはり生還したジャベールが、テナルディエと共に伏線に成り得る事がうかがえる。
マリウスとコゼットが御者から「警察の旦那が一緒だった」と言われているが、反政府活動をしていた手前、多分マリウスは警察には行き辛いだろう。行ってジャベールに会えば真相は一発だが。しかもマリウスは、フォーシュルヴァン(ジャン)がジャベールをバリケード内で「処刑」したと思い込んでいるのだ。
紙一重で真実が伏せられている中で、幸せをかみ締めるコゼットと人生の決着に苦悩するジャンの対照が際立っている。

|

« 今の朝青龍を見ていると~ | トップページ | アニメ感想:レ・ミゼラブル 少女コゼット 49話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/17266613

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:レ・ミゼラブル 少女コゼット 48話:

« 今の朝青龍を見ていると~ | トップページ | アニメ感想:レ・ミゼラブル 少女コゼット 49話 »