« 本感想:フュージョン(講談社)濱野京子 | トップページ | アニメ感想:ポルフィの長い旅 11話 »

2008年3月20日 (木)

アーサー・C・クラーク氏死去

かなり遅くなったが、私も謹んでご冥福をお祈りします。90歳の大往生でしたが、まさに世界最高のSF作家が逝ってしまった。クラークのSFこそ文学性ではない、SF性そのもののビジョンを長年に渡り展開し続けた驚異の生涯でした。あの方と同時代を生きている限り想像力貧困な私も未来を見せてもらえると思っていました。

|

« 本感想:フュージョン(講談社)濱野京子 | トップページ | アニメ感想:ポルフィの長い旅 11話 »

SF」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

パクスマリーナ
こんにちは。クラーク氏がなくなりましたね。最近もある本を読み返したばかりです。それは、「海底牧場」という書籍です。この小説では西欧の人でも、過去には21世紀には鯨の時代になる可能性もなきにしもあらずと思っていた時期もあることがわかります。私は、これを題材として、鯨を含む海洋資源と海洋開発の重要性と、将来性などについて私のブログに書きました。私は、ここからさらに話しを発展させ、「パクスマリーナ(海の平和)」という構想を持つに至りました。これをいずれ、時代を変えるような「パラダイム」の次元に高めるか、あるいはSF小説のネタにするか、あるいはただの妄想で終わるのか(笑)?どうなるかわかりませんが、未だに私達に影響を与え続けるクラーク氏は素晴らしい人だったし、これからも語り継がれていくことでしょう。パクスマリーナ構想のブログ是非ご覧になって下さい。

投稿: yamada.yutaka@gmail.com | 2008年3月20日 (木) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/40566778

この記事へのトラックバック一覧です: アーサー・C・クラーク氏死去:

« 本感想:フュージョン(講談社)濱野京子 | トップページ | アニメ感想:ポルフィの長い旅 11話 »