« アニメ感想:ポルフィの長い旅 9話 | トップページ | 本感想:フュージョン(講談社)濱野京子 »

2008年3月10日 (月)

アニメ感想:ポルフィの長い旅 10話

「夏の一日」

前回と逆で、ジョンとトムのディスカバー田舎暮らしか。しかしアメリカ軍基地の車体整備請け負い業者として評判になり、仕事が繁盛し出すのは、この時代のアメリカの権威を象徴する話だな。多分物資の豊かさを一番世界に誇示していた時代だねえ。
仕事場の夜は、ランプではなく電気だったな。電線は見えないようだと思うが、自家発電か。
島本須美演じるアネークに「がんばってくださいね!」と言わせたのは、ある特定の時代のファンへのサービスか(笑)。サービスと言えば水浴びはショタうけ狙いか?
(追記)
岩崎書店のサイトにようやく翻訳本出版予告が出た。
3月18日「ポルフィの長い旅」の邦題で新書ではなく単行本となるようだ。

|

« アニメ感想:ポルフィの長い旅 9話 | トップページ | 本感想:フュージョン(講談社)濱野京子 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/40456243

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:ポルフィの長い旅 10話:

« アニメ感想:ポルフィの長い旅 9話 | トップページ | 本感想:フュージョン(講談社)濱野京子 »