« アニメ感想:ポルフィの長い旅 17話 | トップページ | アニメ感想:マクロスF 5話 »

2008年4月29日 (火)

マンガ感想:シュガーはお年頃(ヤングキングコミックス)

二宮ひかる・作(少年画報社)ヤングキングアワーズ連載中。

これまでの二宮ひかるのマンガの登場人物は、私には常に男も女も「よく分からない奴」という印象だった。それが今回の畑中には、妙にシンパシーを感じるところがある・・・何かといえば、彼女の歌う歌謡曲が懐かしいものばかりで、私にも良く知るものもあるからだ。私の世代より前のものさえ多い。
しかしいくらなんでも「走れ歌謡曲」(とはっきり書いてはいないが)のような深夜放送を愛好する女子中高生はいないだろう。
さらに、電車の騒音にまぎれて大声でとんでもないことを叫ぶ・・・あれ、私にも全く同じような癖があるので、驚いた。
どうも、この「ありえない」ところが中年の私とシンパシーを感じるところらしい。
そこで思いついたのだか、今回の主人公の畑中とは、見た目は現代の女子高校生に実年齢の作者自身の中味をそのまま投影したらどうなる、という意図ではあるまいか。かなり飛躍した発想だが。

そして今回の舞台背景、九州の田舎の郊外住宅地のようだが、浅見の住んでた所は、少々離れた所らしいが7割がヤンキー、後の3割は族、という最悪の所だという。この設定、先に二宮が描いた中篇でも出て来ていた。
これって評論家や現代思想家が言っていた「郊外が危ない」という話に通ずるものがあるのかもしれない。

|

« アニメ感想:ポルフィの長い旅 17話 | トップページ | アニメ感想:マクロスF 5話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/41029962

この記事へのトラックバック一覧です: マンガ感想:シュガーはお年頃(ヤングキングコミックス):

« アニメ感想:ポルフィの長い旅 17話 | トップページ | アニメ感想:マクロスF 5話 »