« アニメ感想:ポルフィの長い旅 21話 | トップページ | アニメ感想:コードギアスR2 六月一日 »

2008年5月31日 (土)

アニメ感想:マクロスF 9話

「フレンドリー・ファイア」            

アナログからデジタルへ(二次元から三次元?)の移行?違和感?の様々な可能性を示唆できるのは河森正治の「マクロス」だけではあるまいか。

さて、今回の見どころいっぱい。グレイスさん、ただの敏腕マネージャだけじゃなさそうね。この話のキャラクター、というよりこの世界のエリートは皆、表の仕事と裏稼業で二つ仕事を抱えているのが常態、ということか。
ランカの苦労、あの社長の所為では決してなくメディアに彼女を露出させてはいけない理由があることははっきりしたな。
何故、ルカだけ半ズボンなんだ?あくまで腐女子狙いか?

しかし今回最大の見せ場は、クラン・クランからヴァルキリー(ミハエル)への「バカ!」張り手シーンではあるまいか(笑)あれこそアナログからデジタルへの演出課題に対する一つの回答ではあるまいか(笑)。

あの謎の男、今回ははっきりSMSの任務を妨害する命令を受けて出動し、隠密行動ではなくあからさまにクラン・クランとアルトに挑んできた。
宇宙空間のアクションとバチュラとその「巣」のビジュアルは今回も素晴らしい。

クラン・クランがマイクローンから巨人に戻るシーン、感慨深いものがあるねえ。最初の「マクロス」が試みた見せ場の一つの筈だったが、当時の表現は稚拙で説明セリフが出るまでよく分からなかった。

|

« アニメ感想:ポルフィの長い旅 21話 | トップページ | アニメ感想:コードギアスR2 六月一日 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/41379266

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:マクロスF 9話:

» (アニメ感想) マクロス FRONTIER 第9話 「フレンドリー・ファイアー」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
マクロスF(フロンティア) 1 (Blu-ray Disc) 敵も女も狙った獲物は一発必中を豪語するミシェルが、戦闘時に狙いをはずしてしまい、危機一髪アルトに当たりそうになる。帰艦後、アルトとミシェルは誤射をめぐり、殴り合いの喧嘩となる。それを見ていたクランは、アルトにミ....... [続きを読む]

受信: 2008年6月 1日 (日) 15時45分

« アニメ感想:ポルフィの長い旅 21話 | トップページ | アニメ感想:コードギアスR2 六月一日 »