« [追記]漫画家と編集者の信頼回復の問題は~ | トップページ | アニメ感想:ポルフィの長い旅 24話 »

2008年6月15日 (日)

アニメ感想:コードギアスR2 10話

「神虎 輝く 刻」

ははあ、原因は「手抜き工事」の一言か、修正とかの手間掛けずに、ほとぼりが冷めるのを待ったか。
クーデターに便乗した、という理由づけのようだが、今回も、割り込むのは早過ぎたのでは?という気がまだするなあ。かといってクーデター成功後に、神虎シンクーさんとまともに組むには、手強過ぎるか?
あのナイトメアは、孫悟空と如意棒か?
あの役立たず即刻デッキから突き落せ。しかし鶴翼の陣ねえ。兵法か、いくら中華篇とはいえ、露骨過ぎるような。それに「戦略と戦術の違い」もちょっとピント外れてないか。
最後のルルは誰か?で一週間、全国的なトトカルチョ発生か?変装した咲世子さんに賭けよう。彼女ならルルの学生生活の日常を一番見ていたし、8話のラストのうなづき合いも納得いく。

|

« [追記]漫画家と編集者の信頼回復の問題は~ | トップページ | アニメ感想:ポルフィの長い旅 24話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/41542121

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:コードギアスR2 10話:

« [追記]漫画家と編集者の信頼回復の問題は~ | トップページ | アニメ感想:ポルフィの長い旅 24話 »