« アニメ感想:マクロスF 24話 | トップページ | アニメ感想:コードギアスR2 24話 »

2008年9月21日 (日)

アニメ感想:二十面相の娘 21話

「夜明け」

このアニメ、原作の脚色が非常によくて飽きさせなかった。一回残して原作の最後まで持ってきたが、ここに至る盛り上がり、チコの起こした奇跡の演出も感動した。さらに、二十面相との別れに、チコが二十面相に新しい名前を贈る、というのが素晴らしい。ただ過去を捨て新しい人生を生き直せ、というのは容易い。名前を付ける、それは親になること、大人になること、女になること、だ。チコが二十面相を生み直すのだ。
そしてこの間の、チコの成長を演じた平野綾の演技は本当に素晴らしかった。
さて、原作を消化して、どんなエピローグを付けるのか楽しみだ。

|

« アニメ感想:マクロスF 24話 | トップページ | アニメ感想:コードギアスR2 24話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/42545256

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:二十面相の娘 21話:

« アニメ感想:マクロスF 24話 | トップページ | アニメ感想:コードギアスR2 24話 »