« 福田総理辞任 | トップページ | アニメ感想:コードギアスR2 22話 »

2008年9月 6日 (土)

アニメ感想:マクロスF 22話

「ノーザン・クロス」

やっぱりバカバカしいと分かっちゃいるけれど、あれがないと始まらない。本隊を離れて戦艦が独立宣言、乗組員も自ら合流、船出・・・やっぱりロマンだねえ。艦長がいきなり海賊宣言、海賊言葉になるのがカッコイイ、すかさず「おおー!」と呼応する、たまんないね。
ランカは自ら旅発った、事実上もうアルトは必要ない。シェリルはまだ歌い続ける、この後はともかく、さしあたってアルトの需要?は逼迫してはいない。という訳でアルトが一人中途半端になっちゃった。さてどうする?

旧マクロスと同じような展開をしながら実際には状況を白黒反転させ、プラスアルファをちゃんと付加している。
ミンメイがゼントラーディにさらわれ、統合軍の為に歌い、敵の殲滅に力を貸したのに対し、ランカはバジュラを守り戦いをやめる単に自らフロンティアを離れた。
そして「真の女王の住まう星。私達の宝島ね」恍惚として乳房を自ら揉みしだくエロい井上喜久子@17歳・・・地球のように見えるが、輪があり月がいくつもあるようにも見え果たして?彼等の真の目的は??

ランカがまるで羊水の中にいるようで、命綱がへその緒のように見える絵は別に目新しいものではないが、この場合、ランカが母の立場である筈なのが面白い。まるで母親が胎内にいるような不思議な構図。胎の子(バジュラ)と母親がクラインの壺のように裏表、次元がひっくり返っているかのようだ。

|

« 福田総理辞任 | トップページ | アニメ感想:コードギアスR2 22話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/42394720

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:マクロスF 22話:

« 福田総理辞任 | トップページ | アニメ感想:コードギアスR2 22話 »