« ニュース感想:金融不安 | トップページ | アニメ感想:二十面相の娘 21話 »

2008年9月21日 (日)

アニメ感想:マクロスF 24話

「ラスト・フロンティア」

そう、「くたばれ虫ども」なんて言ってるうちは、歌で戦争に勝っちゃいけないのよ、マクロスは。「愛おぼえていますか」で人類側が窮地に陥る、逆転の構図。
超銀河ネットワークのアイディア、実現の際の、コア部分が神に等しい存在となるというところが、最終回崩壊のポイントになるのでは?と予想しておこう。井上喜久子@17歳が本領発揮、もといグレイスがハードウェアを既に捨て去ったソフトウェアの存在だったとしても人間である限り、情報のキャパに自滅するのではないか。
メインアイディアは、エヴァやコードギアスのシャルルの夢とか、と同じ、SFでは割とおなじみのものだけれど、マクロスFの違いは、圧倒的なビジュアルのリアル感だ。目で見る説得力がまるで違う。
宇宙空間アクションは、絢爛たるスペースオペラ。河森正治の独壇場だ。
そしてドラマ的にはやはり、通俗的でも他の作品とはこなれが違う、これは吉野弘幸の力か。
アルトが絶体絶命、で引っ張ったけど、最後への期待は、いかにして「歌」が二つの種族の戦争を止めるか、に尽きる。

|

« ニュース感想:金融不安 | トップページ | アニメ感想:二十面相の娘 21話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/42544684

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:マクロスF 24話:

« ニュース感想:金融不安 | トップページ | アニメ感想:二十面相の娘 21話 »