« アニメ感想:マクロスF 23話 | トップページ | アニメ感想:コードギアスR2 23話 »

2008年9月13日 (土)

マンガ感想:ちはやふる 2巻(講談社 末次由紀)

この漫画の主人公、千早と作者、末次由紀の両方に「勝たなアカンで!」。「がんばれ」という言葉をうかつに使えない程、人の心が折れやすくなってしまったこの時代に、堂々とがんばれ、と言いたくなる。

文化系スポ根か、なるほど。最近は書道とか、短歌とかのスポ根マンガも次々と。スポ根漫画は永遠だ。
今回は冒頭、先ずは小学生篇の幕引きで始まり、舞台は一気に高校生篇に。
さて、今回も、巧い、と唸るような展開、きらめく様な切れ味のいい名場面、決め台詞がある。
何故千早が中学時代、陸上をやっていたか、あっと感嘆。お菓子の包み紙に書いた手紙の束、泣かせる。太一のセリフ「新(あらた)に押しつけんな」男の友情だねえ・・・。そして新メンバー大江奏(かなで)加入でこれまで感性だけで勝負していた千早は、教養と理論を身に付けてステップアップする、必然性のある展開。
※しかし、学校の古典の授業で百人一首教える先生いなかったのか?ゆとり教育の弊害か?。実はこれが一番ありそう、近年の中学校の国語教科書を図書館でみる機会があったが内容の薄さに驚いた。おまけに古典の授業と分けてないんだもんなあ・・・。教科書検定反対!文部科学省廃止せよ!

http://tobeisao.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_0da4.html

http://tobeisao.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_d8f7.html
 

|

« アニメ感想:マクロスF 23話 | トップページ | アニメ感想:コードギアスR2 23話 »

ちはやふる」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/42463457

この記事へのトラックバック一覧です: マンガ感想:ちはやふる 2巻(講談社 末次由紀):

« アニメ感想:マクロスF 23話 | トップページ | アニメ感想:コードギアスR2 23話 »