« ブログ感想:「唐沢俊一検証blog」 より~ | トップページ | アニメ感想:ポルフィの長い旅 47話 »

2008年11月24日 (月)

アニメ感想:機動戦士ガンダム00(ダブルオー) 8話

「無垢なる歪み」

あまり言われないみたいだけれど、今回のリボンズによるイオニアのプロジェクトの概要説明を聞いたら、これはあらためて、アイザック・アシモフの「銀河帝国の興亡」(創元文庫版)乃至「ファウンデーションシリーズ」(早川文庫版)だったのね、と思った。
アシモフが(多分)試みたギボンの「ローマ帝国衰亡史」のSF版。
イオニア、心理歴史学者(サイコヒストリアン)ハリ・セルダンで。ハリ・セルダンが公言しつつも詳細は密かに計画・プロデュースし、あらかじめ記録した予言はその時が来ないと公開されないように細工した流れに沿ってファウンデーション(乃至銀河帝国)の歴史の大局が進んでいく、しかし遠未来に、セルダンが予測していなかった超人類が出現して・・・とかいう話だったと思う・・・実は私も最初の方をずうっと前に読んだだけだけだからよく憶えていない。

|

« ブログ感想:「唐沢俊一検証blog」 より~ | トップページ | アニメ感想:ポルフィの長い旅 47話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/43206305

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:機動戦士ガンダム00(ダブルオー) 8話:

« ブログ感想:「唐沢俊一検証blog」 より~ | トップページ | アニメ感想:ポルフィの長い旅 47話 »