« テレビ感想:全員集合年末SP | トップページ | 今日は一日 アニソン三昧(ざんまい)ファイナル(20081231) »

2008年12月29日 (月)

アニメ感想:ポルフィの長い旅 52話

「この瞬間のために」

本当に長い旅だった。最後に、ポルフィが呼ぶ出会った人々の全ての名前の重みがずしりとくる。そう、残るのは形見の品ではない。人々の思い出と今生きている人だけ。ポルフィは全て失い、ミーナに残されたのがポルフィの作ったペンダントだけだったのも、ポルフィが生きているからだったのだろうか。ミーナの写真が失われたのは、過去のミーナはいない、代わりに今の成長したミーナの姿を映画ポスターに見つけた、ということか。
ある意味非情かもしれないが、形見の品、モノに感傷を託すことをあえて許さないという演出意図だったのではないか。人間の生きた証をモノに託さないで生きていけ、という、自然災害で多くのヒト・モノを失い心を痛めた被災者への応援メッセージだったのではないか。

驚くほどドラマチックな盛り上げ方のない演出は、驚くほど実験的な試みだったのだろうか。もしやPTSDに悩む人々に余計なショックを与えないようにあえて刺激を無くして淡々と展開させていたのでは?と考えるのは見当違いか。

ポルフィにはこの一年間の旅の経験を、ミーナには将来の夢を、ザイミスには、新しい出会いと恋の予感を。失ったものは大きいけれど、今を生きる人々に祝福を。

|

« テレビ感想:全員集合年末SP | トップページ | 今日は一日 アニソン三昧(ざんまい)ファイナル(20081231) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/43568403

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:ポルフィの長い旅 52話:

« テレビ感想:全員集合年末SP | トップページ | 今日は一日 アニソン三昧(ざんまい)ファイナル(20081231) »