« ドラマ感想:七瀬ふたたび 最終回 | トップページ | ちはやふる 3巻(講談社 末次由紀) »

2008年12月12日 (金)

何でもかんでも陰謀かい

「ベンジャミン・フルフォード」

911テロ米国政府自作自演説を日本に流行らした張本人の一人だが、ふと思いついてググって見たら、出るわ出るわ。新聞を開けば、新刊広告がまた、何が 「ルシフェリアン」だ。四川省自身はアメリカの地震兵器だとか、一方で盗撮マニアのエコノミストの政府の謀略に嵌められた、なんて世迷言につきあってる し。要するに世界は政府の陰謀だらけ、という妄想に凝り固まった人だが、困ったことに親日家らしい。

|

« ドラマ感想:七瀬ふたたび 最終回 | トップページ | ちはやふる 3巻(講談社 末次由紀) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何でもかんでも陰謀かい:

« ドラマ感想:七瀬ふたたび 最終回 | トップページ | ちはやふる 3巻(講談社 末次由紀) »