« アニメ感想:源氏物語千年紀・Genji 11話 | トップページ | アニメ感想:獣の奏者 エリン 第13話 »

2009年3月28日 (土)

アニメ感想:獣の奏者 エリン 第12話

「白銀の羽」

今回はあの背景が全編、効果を発揮している。クレヨンで手書きしたような、無機質な直線を使わない絵本のような世界観。
石田彰演じるダミヤって本当に胡散臭いなあ(笑)。大したもんだ。セイミヤも本格的に登場。全体に将棋の駒みたいな形した王宮は、要塞には程遠い庭園と塔のイメージか。他国との戦は本当にここまで来ないんだろうな。王宮といっても政より神殿といった・・・ああそうか、マチュピチュの空中楼閣のイメージ。それはまた同時に象牙の塔であるのかもしれない。
さて、傾斜した草原で転げ落ちるというお約束をするエリン。なんて可愛いの(笑)。あの二人組はすっかり使用人つうか季節労働者か下働きか。
そして問題の王獣。あっさり正体を出さないのは本来の恐怖映画の演出の鉄則だね。かの「ゴジラ」もプロローグを引っ張ってから土手の向こうから顔を出した途端、ガヤガヤしていた映画館内の子供達が一気にシーンと静まり返ったという。
出たと言っても、王獣目線の高速の疾走感。そして巨大な足跡、さらに巨大感を打ち出す羽・・・正直言って笑ったね。あそこまでデカいということは、縮尺はどうなるのか。将来、エリンと王獣が同じ画面のフレームに収まるのであろうか?(笑)。ちらっと出てきた幼獣についてはまだ触れないでおこう。
ジョウンのカントリーソング?全てを吹き飛ばすようなインパクトだな。一方で、ジョウンも訳ありということを一段と臭わせてきた。

|

« アニメ感想:源氏物語千年紀・Genji 11話 | トップページ | アニメ感想:獣の奏者 エリン 第13話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

上橋菜穂子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/44492314

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:獣の奏者 エリン 第12話:

« アニメ感想:源氏物語千年紀・Genji 11話 | トップページ | アニメ感想:獣の奏者 エリン 第13話 »