« 北朝鮮の核をどう抑えるか | トップページ | 本感想:碧空の果てに(濱野京子)カドカワ銀のさじシリーズ »

2009年5月30日 (土)

アニメ感想:獣の奏者 エリン 第21話

「消えそうな光」

今回はカタツムリが象徴している。文字通り殻に籠るリラン。殻から出てくるカタツムリ。鳴くリラン。泣き崩れるエリン。心無しかフクロウも目を潤ませているような。子守唄を歌うエリン。私は今週ももらい泣きだ。またしても殻に籠るカタツムリ。
光明は下から。音は毛布の下から、ときたのはこうして見ると人は上ばかり見てると足元を見失う、という古典的教訓だったのかも。細かいところでは、学友達の動揺が細かく描き込まれている。

|

« 北朝鮮の核をどう抑えるか | トップページ | 本感想:碧空の果てに(濱野京子)カドカワ銀のさじシリーズ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

上橋菜穂子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/45178774

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:獣の奏者 エリン 第21話:

» 獣の奏者 エリン 第21話「消えそうな光」の感想。 [いーじすの前途洋洋。]
獣の奏者 エリン 第21話 「消えそうな光」 評価: ── あたしに何か伝えようとしたのに それに答えられなかった 脚本 ... [続きを読む]

受信: 2009年5月30日 (土) 21時34分

« 北朝鮮の核をどう抑えるか | トップページ | 本感想:碧空の果てに(濱野京子)カドカワ銀のさじシリーズ »