« アニメ主題歌大全集(BS2、2009/05/02)その2 | トップページ | アニメ感想:バスカッシュ! 6話 »

2009年5月 9日 (土)

アニメ感想:獣の奏者 エリン 第18話

「教導師エサル」

毎回、久しくテレビアニメにこれ程の本格的な成長物語が観られなかったことに気付かされる。そしてその骨太なドラマに圧倒されため息をついてしまう。
され、今回は、いよいよ新しい世界、学校へ。
学校、と聞くと、つい自分語りに陥ってしまうが、この国にいると学校に行く期待と不安、学ぶことへの渇望といった感情をついぞ忘れてしまう。私自身、今となっては小中高、学校の集団生活にいい思い出はない。
ドキュメンタリーで描かれる発展途上国の学校事情、そして今この物語を観ていると、それらの忘れていた渇望、学校とは本来何だったか、を想起してまたしても涙を誘われる。

さて、背景が木造の屋内になると一段と効果が出るねえ。決して無機質な直線を使わない、木の板壁、柱など曲線では有り得なさそうなものでもクレパスのような柔らかい輪郭線が絵本のような世界によくなじむ。落ち着くのはお茶の所為だけではない(笑)。
ジョウンとの別れにまたしても感極まってジーンとくる。ジョウン一気に老け込んじゃった。
今更だけど、原作からして名前がユーヤンで関西弁?でしゃべるというのは、原作者の完全なお遊びだよな。

|

« アニメ主題歌大全集(BS2、2009/05/02)その2 | トップページ | アニメ感想:バスカッシュ! 6話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

上橋菜穂子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/44956535

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:獣の奏者 エリン 第18話:

« アニメ主題歌大全集(BS2、2009/05/02)その2 | トップページ | アニメ感想:バスカッシュ! 6話 »