« アニメ感想:バスカッシュ! 20話 | トップページ | 本感想:獣の奏者 3巻探究編(講談社) »

2009年8月15日 (土)

マンガ感想:3月のライオン 3巻 羽海野チカ

いいぞ、桐山が一段と人間らしくなってきた。

将棋以外ではまだ若干、問題があるが、桐山が勝負に悲愴感だけではなく、燃えてきた。当面の敵とみなした相手は、これは驚いた。第二巻で出てきた香子のアブナイ男は、A級棋士だったとは、このストーリー展開には舌を巻いた。しかし桐山は若さ故の過ち、世界の奥深さを思い知る結果となった。でもますますいいぞ、桐山が人並みの青春の苦悩を経験するようになってきた。がんばれ桐山!。今巻のもらい泣き場所は、部分じゃない、全体を通して桐山を応援しようとするとグッとくる。
出番は少なかったが香子の描写は相変わらずインパクトが強い、前巻の感想では実は存在しない、という可能性も予想したが、今巻でそれはないと分かった(残念)。しかしそれ故にますます、ドロドロした香子の情念を感じる。やはりまだ香子は桐山の修羅であり業なのだ。
島田八段の描写を通して描いた勝者の消耗振りがまたいい。これは、文字通り、あっ、そうか!と驚き膝を打った。

|

« アニメ感想:バスカッシュ! 20話 | トップページ | 本感想:獣の奏者 3巻探究編(講談社) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/45932784

この記事へのトラックバック一覧です: マンガ感想:3月のライオン 3巻 羽海野チカ:

« アニメ感想:バスカッシュ! 20話 | トップページ | 本感想:獣の奏者 3巻探究編(講談社) »