« アニメ感想:バスカッシュ! 26話 | トップページ | アニメ感想:獣の奏者 エリン 第39話 »

2009年10月 3日 (土)

アニメ感想:獣の奏者 エリン 第38話

「真王ハルミヤ」

原作を知る者には、ついにこの時が来た、幸せな学び舎の日々は、完全に過去のものとなり、政治の舞台に、エリンは否応なく取り込まれる。
ダミヤが指揮を執る行幸コース、次回への伏線がちゃんと入っている。老いて外の世界を初めて観る真王の興味津津、無邪気な表情が、シンプルにして無駄なく描かれている。ナレーション説明も怠りない(このアニメの童話のようなメルヘンチックな柔らかい線とナレーションと極めてハードな物語の調和は、家族向けの作品として絶賛ものだと信じる)。さらに、病床の大公のプライドを汚された怒りまで、きちんと押さえられている。
初等科生徒の合唱と歓迎会が息抜きもまた良い。
そして事件が起こる。真王の無邪気さとダミヤの胡散臭い動きが交互に展開される緊張感。その時が来た。まさにここまで息が抜けない展開だった。
さあ、ここからダミヤが本格的に動きを見せる、アニメオリジナルのキリクとの密談、エリンとの表面上の駆け引きとモノローグでの人品見定め、策謀家としての本性が一気に現れた。何度も書いているが石田彰の演技の胡散臭さは、小説では絶対に味わえない、絶品だね。
ここで、真王が無邪気さだけでなく、王としての気品と聡明さも見せているのは原作通りだが、その真王を通じて次回以降への引きにしている物語りには、唸った。
いよいよこれから観る側にとっても、37話が懐かしくなる程、物語は辛いことになるだろう。

|

« アニメ感想:バスカッシュ! 26話 | トップページ | アニメ感想:獣の奏者 エリン 第39話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

上橋菜穂子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/46382633

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:獣の奏者 エリン 第38話:

« アニメ感想:バスカッシュ! 26話 | トップページ | アニメ感想:獣の奏者 エリン 第39話 »