« アニメ感想:獣の奏者 エリン 第45話 | トップページ | アニメ感想:劇場版マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~ »

2009年11月22日 (日)

アニメ感想:青い文学 第三回「こゝろ」夏篇 冬編

あやうく一時間スペシャルであることを見逃して、録画に失敗するところだった。しかも構成に驚いたね。後半観れなかったら多分今回のアニメ化の意味が全く汲み取れなくなるところだった。

言っちゃあ悪いけれど「わたし(※追加注:「先生」の方ね)」の葛藤が延々と綴られる原作をどうやるのか、あるいは今回ぐらいは正攻法でやるかな、とも思っていたが甘かった。
前篇である「夏」で、原作をばっさり省略してあっという間に終わっちゃった?のかと思ったら後篇の「冬」はナビゲイター堺雅人の前説から一気に「K」視点で同じ話を最初から原作にないオリジナルで。しかし、考えてみれば原作は、「先生」の遺書だから、先生である「わたし」が本当のことを書いたとは限らないし、神の視点じゃない主観だから・・・これがいわゆるテキストを解体、再構築するというポストモダンとかメタフィクションという奴か?※私は文学知識は皆無です。
近代小説の先駆に対する現代的解釈か※くどいが私は文学知識は皆無です。

|

« アニメ感想:獣の奏者 エリン 第45話 | トップページ | アニメ感想:劇場版マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/46830633

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:青い文学 第三回「こゝろ」夏篇 冬編:

« アニメ感想:獣の奏者 エリン 第45話 | トップページ | アニメ感想:劇場版マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~ »