« アニメ感想:エレメントハンター mission 36 | トップページ | 『東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例』その2 »

2010年3月20日 (土)

アニメ感想:エレメントハンター mission 37

「あした、十一次元へ」

「ユノの伝言パート2」といったところか。ハードSFは謎解きが説明になってしまい、小説ではいいんだが映像ではあっけないなあ。ホミとハンナのDNA的な兄妹誕生のドラマはエピソード一本作ってもよかったのになあ。20世紀に紐宇宙論に基づく十次元理論(?逆だったかな)というのがあったなあ。近年はポピュラーサイエンスではあまり話題にならないみたいですっかり忘れていたが。
五歳のエイミー・カーの叫び、という情報を偶然にも十一次元がキャッチしてという、ダイナミックな設定は、一般視聴者に伝わったかしら?水底に暮らしていた盲目の亀が水面に上がった時、流木のうろの穴に当たってしまった、というあり得ない偶然の喩えを思い出した(あれは、幸運の出会いの喩えか、こっちは最悪の不幸か)。
同時にこの話は、ファンタジーものによくある、古い言葉が持つ魔力、というネタのハードSF的処理というか皮肉か?

|

« アニメ感想:エレメントハンター mission 36 | トップページ | 『東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例』その2 »

SF」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/47860929

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:エレメントハンター mission 37:

« アニメ感想:エレメントハンター mission 36 | トップページ | 『東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例』その2 »