« アニメ感想:「ハートキャッチプリキュア」30話 | トップページ | 韓国純情漫画感想:「らぶきょん」23巻。韓流のうねりに満ちた愛憎の嵐が吹き荒れる »

2010年9月20日 (月)

アニメ感想:劇場版「機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)」

意外にこじんまりしたロードショーだったのが、残念になるほどにきちんとした作品だった。

ストーリーとネタは、伝統的、常套的なSFアイディアだったのでSFファンには、驚くほど分かりやすかった。その分、ちゃんとビジュアルに集中出来るようになっていた。アニメで理屈っぽいSF的アイディアを聴かせてメインテーマにしてしまうとあまり面白くないのだ。その点、ちゃんとそれらをあくまで舞台設定にして映像でドラマを見せていた。
異星体の金属質の圧倒的な不可知の存在感、宇宙空間というかスクリーンを縦横無尽に駆け回るモビルスーツアクションも久し振りに堪能した。
ドラマでは第二シーズン以降、今回もフェルト・グレイスが一番よく描かれていたと思っている。気がつけばフェルトと共に泣いていた。つまりフェルトを通じて恋愛ではなく共感を伝えられていたのだ。特に、刹那の幻影の中で、第二シーズンで生きようとするようになった刹那にフェルトが贈った花が形を成し、目覚めるとフェルトが手を握っていた、想いが共感した感動的なシーン。他にもスメラギの全員撤退準備をかつての経験を踏まえて拒絶するシーンなど、彼女の経験と成長を伝えるべき場面をきっちりと押さえていた。
コーラサワーのお笑いの入り方、刹那の幻影の中で現れた先に逝ってしまったメンバーのセリフ、グラハムもよかったと思う。
難点は、冒頭の劇中映画は失笑ものだったと思う。
ラストの宇宙の花は、非現実感、意表を突くのと、これまでの展開から十分納得できる説得力とが並立したいいイメージだ。

|

« アニメ感想:「ハートキャッチプリキュア」30話 | トップページ | 韓国純情漫画感想:「らぶきょん」23巻。韓流のうねりに満ちた愛憎の嵐が吹き荒れる »

SF」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/49507279

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:劇場版「機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)」:

« アニメ感想:「ハートキャッチプリキュア」30話 | トップページ | 韓国純情漫画感想:「らぶきょん」23巻。韓流のうねりに満ちた愛憎の嵐が吹き荒れる »