« 韓国純情漫画感想(20101113)読んだ原書あれこれ | トップページ | ニュース感想:はやぶさカプセル内の微粒子が小惑星イトカワ由来のものと判明 »

2010年11月14日 (日)

アニメ感想:STAR DRIVER 輝きのタクト 第七話「遠い世界」

目覚めたのは黒スガタか。キスが原因でナルシストの本性が解放されたのか。このままスガタはあの恥ずかしいカッコになって初代エンペラーなどと恥ずかしい呼称になるのか?。あの青玉と赤玉、ほんとうに飴だった。メルモちゃんのキャンディーじゃねえか、としつこく妄想している。サカナちゃんの物語は、愛する者の生き血を注がなければ銀河に行く船のエンジンは動かない、ときたか。船出の人身御供か。ワコの婆ちゃんは、タクトがしるしを受けたと聞いて、あっさり納得していたが、やはりタクトの父母や祖父を知っているのか。
やっぱり「モノクローム」と共に開始するバトルを見ないと満足できない、これはもう中毒症状だ。今回は、ちゃんとタクトの名乗りも、重め固めになっていたな。

|

« 韓国純情漫画感想(20101113)読んだ原書あれこれ | トップページ | ニュース感想:はやぶさカプセル内の微粒子が小惑星イトカワ由来のものと判明 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/50028404

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:STAR DRIVER 輝きのタクト 第七話「遠い世界」:

« 韓国純情漫画感想(20101113)読んだ原書あれこれ | トップページ | ニュース感想:はやぶさカプセル内の微粒子が小惑星イトカワ由来のものと判明 »