« 都議会総務委員会、第156号議案「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例」を可決 | トップページ | 都議会本会議、第156号議案「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例」を可決 »

2010年12月13日 (月)

韓国純情漫画感想(20101213)読んだ原書あれこれ

★イムジュヨン(임주연)作「シエル(CIEL)The Last Autumn Story」15巻。大元CI社。
ジ ワリジワリと新展開。いきなりカバーイラストは、黒イヴィエンか?と思ったらイヴィエンの容姿を借りた魔獣であった。イヴィエンの父親が自ら封じていた記憶を思い出し、語り出す。この世界の太陽の寿命は既に尽きている。この事実を知った歴史上の帝国の王は自暴自棄な暴政を行い、それを打倒した新たな王は竜 達に依頼して、仮の太陽を竜達が作りだした、というのだ。これこそが古代の人間と竜の契約だったのだ。イヴィエンの父は、ローウッド魔法師学校時代にこの事実を知ってしまったからこそ記憶を封じ学校を飛び出してしまったのだ。一方王都に残ったラリエットは、一巻目から出ていた新聞記者(実は、その正体は竜 の一人)に依頼され、魔獣退治を単独で行い、そのゴタゴタの中で、魔獣とは、竜の子であるクロヒテンの心の闇から生み出されたものであることを知り、封印 されていた究極の魔獣が甦る。心の内面から世界の真実まで、正直ここまで、アイディアと描写が広がるとは思ってもみなかった。素晴らしく面白い。

★チャ・キョンヒ(차경희)「私の獣人(나의 짐승남)」1巻。大元CI社。
「ガールズ・オン・トップ」でジェンダーSFを描いた作者の新作は、いわゆる異常な愛ものというところか。美少年が金と権力と知略にもの言わせて、ヒロインを屈服させようとするのだが、いかに体を蹂躙しようと(但し韓国なので日本のような直接的、リアルな描写はなし)彼女セヨンの持って生まれた強い精神までは折ることが出来ない、というパターン。前作同様、韓国純情漫画としてはかなり刺激的な野心作だと思われる。

★サダハム(사다함)「Pedora Bigband - rock of victorian」1巻。ソウル文化社。
ポータルサイトNAVERのインターネットマンガの連載で活躍中の新鋭の新作。19世紀英国を舞台に、名門イートンカレッジで音楽の才能を期待されていた青年ペドラは、貿易商の父の、貨物船沈没と謎の失踪で、無一文となり、差別と非難にさらされる。学校を飛び出したペドラは、アコーディオンを持った家出少年ローウェル(見た目は女の子にしか見えないのだが。なぜか兎耳の付いたシルクハットをかぶっている)と出会い、彼を道連れにしてギターを抱えて音楽道中の旅に出る、という展開のようだ。タイトルにビッグバンドとあるのも今後を予感させる。一巻のラストでは、さらに小説修業中の孤児の娘マリーと出会い、当然学歴も教養もない彼女にモーツァルトのオペラの物語を聞かせてドイツ語の戯曲を英語に翻案させローウェルの一人芝居でストリート演奏を行い日銭を稼いだ。日本でも根強い人気の英国ビクトリア朝ものを音楽で新機軸を打ち出せるか期待。

★チェソヨン(최소영)「ミスターウェインの1904京城奇談(Mr.웨인의1904경성기담)」1巻。ソウル文化社。
タイトル通りだね。日本の事実上の支配下の朝鮮の京城。この時期、朝鮮の都市部には日本人以外の外国人とその大衆文化も大勢流入してきている。イギリス人青年ウェインは、動物やトッケビ(お化け)といった人外と意思の疎通ができる。ここで、子供をさらった猫の化身(トッケビ)をいさめたのがきっかけで、コンビを組んで吸血鬼事件に取り組んで蛇の化身女と対峙したり(退治ではない)、といったところ。今後、ウェインと朝鮮半島の異形の者たちとの出会いと事件がどこまで広げられるか期待したい。

|

« 都議会総務委員会、第156号議案「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例」を可決 | トップページ | 都議会本会議、第156号議案「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例」を可決 »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/50221109

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国純情漫画感想(20101213)読んだ原書あれこれ:

« 都議会総務委員会、第156号議案「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例」を可決 | トップページ | 都議会本会議、第156号議案「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例」を可決 »