« アニメ感想:魔法少女まどか☆マギカ 第4話「奇跡も、魔法も、あるんだよ」 | トップページ | 本感想:白い月の丘で(濱野京子)角川書店銀のさじシリーズ(装画・丹地陽子) »

2011年1月30日 (日)

アニメ感想:STAR DRIVER 輝きのタクト 第十七話「バニシングエージ」

あの女子二人、レズ設定か?、そしてあの恥ずかしいコスチュームは、乳首を露出していないからいいのだ、という倫理規定へのあてつけか(そんなオーバーな話のわきゃないか、笑)。にしても、あのお披露目(笑)、ファッションショーか、実にホントに恥ずかしい。フェーズが上がるといいことずくめではなく、シルシをもつ者だけが直に乗れるが、まだ色々と制約がある訳だ。
これからは相手も男女に関わらず銀河美少年か、恥ずかしいキメの二乗だ、楽しいけど。
王の柱が効かなくなったが、スガタの凄さはちゃんと見せてくれるんだろうなあ?。しかしタクトが寸止めで、今まで峰打ちだったことが判明。これまで誰も死なないロボットアニメという設定なのか、と思っていたが、今後は殺るのかな(まあ、やらねえだろうなあ)。

|

« アニメ感想:魔法少女まどか☆マギカ 第4話「奇跡も、魔法も、あるんだよ」 | トップページ | 本感想:白い月の丘で(濱野京子)角川書店銀のさじシリーズ(装画・丹地陽子) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/50730123

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:STAR DRIVER 輝きのタクト 第十七話「バニシングエージ」:

« アニメ感想:魔法少女まどか☆マギカ 第4話「奇跡も、魔法も、あるんだよ」 | トップページ | 本感想:白い月の丘で(濱野京子)角川書店銀のさじシリーズ(装画・丹地陽子) »