« アニメ感想:魔法少女まどか☆マギカ 第7話「本当の気持ちと向き合えますか」 | トップページ | アニメ感想:フラクタル EPISODE06「最果ての町」 »

2011年2月20日 (日)

アニメ感想:STAR DRIVER 輝きのタクト 第二十話「描かれたあの日の虹」

伏線と今回のバトルの流れを組み合わせて、込み入った構成になっていた。アクロバットな真相だね。タクトの父親が、トキオ→ヘッドであり、ソラが母親で、タクトのじっちゃんがトキオの親父という事か?ヘッドの本当の力は、誰でも自分に魅了させてしまう、ということじゃないのか?それとも年を取らない事か?。
カタシロ=議長の出番がやっと来た。彼がソラとトキオの関係に嫉妬心でも見せていたらソラの態度も変わっていたかもしれないなあ。
キャメルスターは、自分が第3フェーズでサイバディに搭乗している状態で、独断で0時間を破る為にワコに襲いかかったが、誤算は、順番待ちの百合ペアに、順番守れーと邪魔されることを想定していなかったことね、ここで冒頭のプロフェッサーと百合ペアの会話が生きてくるのか。
眠っていたのは、私は母親かなんかで女だと思っていた。男の子だったのか。今まで眠らせて研究を続けていたという事は、カタシロはああ言っていたけれど、シルシを人為的にシンゴからヘッドに移す為だろう。シンゴにはまだなんかあんだろうね。

|

« アニメ感想:魔法少女まどか☆マギカ 第7話「本当の気持ちと向き合えますか」 | トップページ | アニメ感想:フラクタル EPISODE06「最果ての町」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/50924327

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:STAR DRIVER 輝きのタクト 第二十話「描かれたあの日の虹」:

« アニメ感想:魔法少女まどか☆マギカ 第7話「本当の気持ちと向き合えますか」 | トップページ | アニメ感想:フラクタル EPISODE06「最果ての町」 »