« 計画停電の無計画さに民間営業は~その一場面を見た | トップページ | アニメ感想:STAR DRIVER 輝きのタクト 第二十四話「ヒガ日死の巫女」 »

2011年3月21日 (月)

アニメ映画感想:ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 はばたけ天使たち

TOHOシネマズ府中で配偶者と観た。オリジナルの「鉄人兵団」自体、劇場版ドラえもんの代表作の一つとして挙げるファンは少なくない中、公開当時リアルタイムで同人誌にボロクソな感想を書いたことがある。聖書への拘りを見せた作風が好きではなかったからだ。以来、「鉄人兵団」には複雑な思いがある。そういう私自身の個人的な好き嫌いは抜きにして見れば、良かったと思う。オリジナルがスネオのロボット、ミクロスに三ツ矢雄二を配役して大暴れさせたのに対し、今回は、ザンダクロス(ジュド)の頭脳をキャラ化してピッポとした趣向が成功。星型のパーツをリルルと共有することで通信可能な両者が、複雑な心境を共有し、対立と共鳴を繰り返す葛藤のドラマを演じさせたのは、見応えがあった。何より良かったのは、メインのゲストキャラにちゃんと演技の出来る声優を使ったこと。新生ドラ映画では、話題作りとか色々あるんだろうけれど、まともに声の演技が出来ない若手タレントを使った所為で肝心の場面で興醒めすることも多かった。

|

« 計画停電の無計画さに民間営業は~その一場面を見た | トップページ | アニメ感想:STAR DRIVER 輝きのタクト 第二十四話「ヒガ日死の巫女」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

もう見ました、大変ですね

投稿: バカとテストと召喚獣 同人誌 | 2011年3月22日 (火) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/51180728

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ映画感想:ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 はばたけ天使たち:

» 映画「映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~」 [soramove]
「映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~」★★★ 水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昴、関智一、 千秋 、沢城みゆき、小林由美子、加藤浩次・声の出演 寺本幸代監督、 110分、2011年3月5日公開 2011,日本,東宝 (原作:原題:ドラえもん)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「ドラえもんを劇場で見るとは思わなかった、 以前「クレヨンしんち... [続きを読む]

受信: 2011年4月 9日 (土) 19時33分

« 計画停電の無計画さに民間営業は~その一場面を見た | トップページ | アニメ感想:STAR DRIVER 輝きのタクト 第二十四話「ヒガ日死の巫女」 »