« 韓国純情漫画感想:読んだ原書あれこれ(20110521) | トップページ | アニメ感想:TIGER & BUNNY #08 (必ず機会は来る) »

2011年5月22日 (日)

アニメ感想:シュタインズ・ゲート #07「断層のダイバージェンス」

チキン野郎を中心に、確かに歴史は変わり、世界線の移動体験も確信したか。しかし肝心なとこでビビってどうする。しょうもない奴に世界が託されたのか?ってかなり自己肥大な話?バイト女とかも改変される前の記憶をもっているのかな。しかし、全体にアニメというより、空間劇を観ているような感じ。スタッフ、キャストもそれを意識してやっているかな。

|

« 韓国純情漫画感想:読んだ原書あれこれ(20110521) | トップページ | アニメ感想:TIGER & BUNNY #08 (必ず機会は来る) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/51738828

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:シュタインズ・ゲート #07「断層のダイバージェンス」:

« 韓国純情漫画感想:読んだ原書あれこれ(20110521) | トップページ | アニメ感想:TIGER & BUNNY #08 (必ず機会は来る) »