« アニメ感想:あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない 第7回「ほんとのお願い」 | トップページ | アニメ感想:シュタインズ・ゲート #08「夢幻のホメオスタシス」 »

2011年5月28日 (土)

アニメ映画感想:手塚治虫のブッダ~赤い砂漠よ!美しく

こういう時期だからこそ、宗教家、信仰者の語る仏陀ではなく、手塚治虫の描いた人間臭いブッダが観たい。そう期待していた。
TOHOシネマ府中で配偶者と観た。東映六十周年記念作品のテロップが入り、岡田東映社長の名も製作者に入っていて、手塚治虫の名に最大の敬意を払っているのが伺えた。
極めてオーソドックスなテレビアニメのノリで、きちんと丁寧に作られている。今時のアニメファンとかはこういうのに関心ない、嫌がることさえあるみたいだが、私はいいねえ。皮肉にもテレビ的演出で映画的迫力に欠けるという映画評論家のコメントを事前に読んだが、私にはどうでもいいことだ。テレビアニメがテレビ離れを起こしているのだろう。
堺雅人は日本テレビのアニメ「青い文学」で声優としての力量も証明していたので、チャプラは期待していたが、やはり良かった。非凡な表現力だ。吉岡秀隆というのは不思議な役者だなあ。吉永小百合は言うまでもない。でも巧過ぎて個性という点ではどうなんだろう。スッドーダナ王役の観世清和はいただけない、芝居の種類が違うとしか思えない、イメージが合わなかった。他の声優陣はさすが実力者ばかりで演技を堪能した。
キャラクターではタッタを齢を取らない設定にした?のがただものではない異様性を感じさせて狂言回し役で面白い。と同時に何年も彼の側を離れなかったナラダッタの行動に説得力を与えていたようだ。原作の成長後のタッタの役割をミゲーラに割り振ったことで思春期のシッダールタの恋が生き生きと描かれていた。チャプラとシッダールタの運命を交互に描いて対照し、戦場で一時、交錯させ、直ぐにまた運命は分かたれる展開はしっかりと盛り上がった。ラストの戦場跡、登場人物たちの厳しい前途を予感させる光景は確かに痛ましいが、皆が自分の足で地をしっかりと歩いているのが希望で余韻を残す。

蛇足だが仏教系各団体の推薦を片っ端から?とりつけているのがさすが手塚治虫の威光だ、と変な感動と安心を覚えた。

|

« アニメ感想:あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない 第7回「ほんとのお願い」 | トップページ | アニメ感想:シュタインズ・ゲート #08「夢幻のホメオスタシス」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/51791851

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ映画感想:手塚治虫のブッダ~赤い砂漠よ!美しく:

« アニメ感想:あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない 第7回「ほんとのお願い」 | トップページ | アニメ感想:シュタインズ・ゲート #08「夢幻のホメオスタシス」 »