« アニメ感想:シュタインズ・ゲート #07「断層のダイバージェンス」 | トップページ | アニメ感想:C #7 composition(組成) »

2011年5月26日 (木)

アニメ感想:TIGER & BUNNY #08 (必ず機会は来る)

折紙サイクロン(イワン・カレリン)こんな弱気な奴だったのか、と同時にアカデミー内の話でなるほど、何の役に立つのか分からない能力者もアカデミーにはかなりいるっていう説明も行われている訳だ。あの調子だとイワンが人助け出来たのは、本当に今回が初めてなのかも、そしてその相手が、かつては救えなかった親友だった、ということでようやく彼は一歩前に進めた、ということか。その背中を押したのがタイガーで・・・と本当に毎回ストーリーがきちっと仕組まれているなあ。このほとんど二重人格みたいなイワンのNEXTが、擬態化ねえ、どうみてもスパイ向きだな。(ってことは扮する折紙は広告以外にヒーローの実動と関係ないじゃん?)

|

« アニメ感想:シュタインズ・ゲート #07「断層のダイバージェンス」 | トップページ | アニメ感想:C #7 composition(組成) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/51776017

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:TIGER & BUNNY #08 (必ず機会は来る):

« アニメ感想:シュタインズ・ゲート #07「断層のダイバージェンス」 | トップページ | アニメ感想:C #7 composition(組成) »