« 韓国純情漫画感想:読んだ原書あれこれ(20110626) | トップページ | 韓国純情漫画感想:読んだ原書あれこれ(20110630) »

2011年6月27日 (月)

韓国純情漫画感想:読んだ原書あれこれ(20110627)

「롤랑 수도원 사건 일지(ロラン修道院事件日誌)」1巻。原作이윤희(イ・ユニ)。漫画옥새롬(オク・セロム)。ソウル文化社。AR+U book。
「Tiara」の原作者でもあるゲーム作家イ・ユニと、先に「ハンア・リー」を完結したオク・セロムがコンビを組んだ新作。「AR+U」というのは発行はソウル文化社だが、NAVERなどの韓国のポータルサイトで連載中の、日本で言う所のインターネットマンガ、韓国ではウェブトゥーン(アメリカのギャグ漫画を指すカートゥーンのもじり。WEBコミックということだ)と呼ばれる漫画を単行本化した叢書の名称らしい。
内容は架空の王国の辺境地域で、地域医療事業も兼ねた修道院の経営を立て直すべく、新たに(何故か)中央の名家の大神官や新人の経理担当神官やらが赴任してきて、時を同じくして起きる怪事件を魔法を含めた大騒動の末に解決していくドタバタコメディ、ということらしい。多分この地域に何か大きな秘密が・・・と言う展開になるんだろうな。ストーリー、漫画ともテクニックは問題なし。

|

« 韓国純情漫画感想:読んだ原書あれこれ(20110626) | トップページ | 韓国純情漫画感想:読んだ原書あれこれ(20110630) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/52061695

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国純情漫画感想:読んだ原書あれこれ(20110627):

« 韓国純情漫画感想:読んだ原書あれこれ(20110626) | トップページ | 韓国純情漫画感想:読んだ原書あれこれ(20110630) »