« 韓国純情漫画感想:読んだ原書あれこれ(20110605) | トップページ | アニメ感想:C #9 collapse(破綻) »

2011年6月 8日 (水)

アニメ感想:TIGER & BUNNY #10(嵐の前の静けさ)

確かにあの親父はアホだ。愛娘と映話するのに魚肉ソーセージつかみっぱなしにする奴がいるか!と、アタシが脇にいたら映話がつながる前にどついてひったくるね。さらにマッドベア―・・・どこの娘があんな可愛くないの欲しがるってんだ?ドアホ。欲しがる娘がいたら親は先ず相談所にいくべきだ。と、バカっぽいスタートが、一気にハリウッドエンターテインメント調に盛り上がってきた、クライマックスか?。人工的都市空間設定と、デカダンな趣味で登場したウロボロス?(ブレードランナーのタイレル社の技師の孤独な生活空間であるアパートの部屋を思い出した)の悪戯の取り合わせはピッタリ。

|

« 韓国純情漫画感想:読んだ原書あれこれ(20110605) | トップページ | アニメ感想:C #9 collapse(破綻) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/51890984

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:TIGER & BUNNY #10(嵐の前の静けさ):

« 韓国純情漫画感想:読んだ原書あれこれ(20110605) | トップページ | アニメ感想:C #9 collapse(破綻) »