« アニメ感想:「スイートプリキュア」第33回 | トップページ | アニメ感想:輪るピングドラム #13 »

2011年10月 2日 (日)

韓国純情漫画感想:あれこれ(20111002)

今年の夏コミの企業ブースで無料配布されていた、10・12発売、アーススターコミックスのPR冊子の中に 
「韓国webPV No.1の超人気異能バトルをリメイク!」と銘打った「TRACE」原作 NASTY CAT、というのが。もうひとつは特に韓国とは銘打ってないが「water cube」原作 河 一櫂とあった。前者は、未確認だが、後者は、やはり韓国のWEBコミック、하 일권(ハ・イルグォン)の「두근두근 두군거려」(※直訳すれば「ドッキ(ク)ン、ドッキン、ドッキンして」あるいは、ドキドキさせて、という感じかな)の、先の言い方をすればリメイクだ。ここでリメイクと言っているのは、あちらのマンガをこちらで日本人作家に描き直させる企画だ。なるほどねえ。これまでだと、翻訳とか、韓国人作家に日本向けにオリジナル作品を描かせたり、日本人原作担当者とコンビ組ませたりという作品だった。こういう手もあるんだなあ。
ハ・イルグォンは、現在では「안나라수마나라」をWEBで連載中らしい。タイトルは意味不明だが、魔術とサーカスを題材にした作品のようだ。ハ・イルグォンのこの両作は、書籍(いずれも소담출판사から発売)化されている。私は、いずれも第一巻のみ購入している。この作風、私にはハッキリ言ってよく分からないが、強烈な個性は確かに感じる。
韓国漫画の最先端の作家の個性や読者の人気は、確かに今WEBコミック(韓国ではカートゥーンのもじりで웹툰(ウェブトゥーン)という言い方もある)に集まっており、これらの作品、作家も、その中に属する。これらのWEBコミックは、NAVERやPARANなど韓国のポータルサイト上で連載されており、日本からでもそのほとんどを無料で読むことが出来る。
※但し私は、それらを知る前に、日本型の紙のマンガ(笑)、なかでも韓国の少女マンガ=純情漫画というジャンルで、日本のマンガと同じ記号で読めるマンガを追っているので、WEBコミックはあまり読んでいない。故に金がかかってしょうがない。

|

« アニメ感想:「スイートプリキュア」第33回 | トップページ | アニメ感想:輪るピングドラム #13 »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/52887777

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国純情漫画感想:あれこれ(20111002):

« アニメ感想:「スイートプリキュア」第33回 | トップページ | アニメ感想:輪るピングドラム #13 »