« アニメ感想:輪るピングドラム #13 | トップページ | アニメ感想:ガンダムAGE 第1話「救世主ガンダム」 »

2011年10月 9日 (日)

韓国純情漫画感想:あれこれ(20111009)

今年のWINK誌(서울문화사=ソウル文化社)8月15日号(№16)で「담나는 도다」(=タムナは島だ※タムナとは済州島のこと)が、9月1日号(№17)で「춘앵전(春鶯傳)」が相次いで連載最終回を迎えた。「タムナ」は韓国でテレビドラマ化されたが裏番組が強過ぎて、打ち切られてブレイクしそこなった。時代考証の演出が緻密で、脚色もよく練られていて驚くほどいい出来だったので残念だ。
今韓国メディアはドラマからミュージカルにシフトしているらしい、日本でも「宮」が繰り返し公演されている。そして「춘앵전(春鶯傳)」は未だ戯曲化の準備中だ。とうとう原作が先に終わってしまった。こっちはジリジリしながら実現を待っているのだが。

|

« アニメ感想:輪るピングドラム #13 | トップページ | アニメ感想:ガンダムAGE 第1話「救世主ガンダム」 »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/52944958

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国純情漫画感想:あれこれ(20111009):

« アニメ感想:輪るピングドラム #13 | トップページ | アニメ感想:ガンダムAGE 第1話「救世主ガンダム」 »