« アニメ映画感想:「マルドゥック・スクランブル 燃焼」 | トップページ | アニメ感想:「スイートプリキュア」第33回 »

2011年10月 2日 (日)

アニメ感想:輪るピングドラム #12

明かされる16年前の出来事、とすんなりいくほど甘くはないか。いっそう混迷を深めていくような。リンゴをもった夢の図書館の司書(兎を従えた死神か)が実際に?登場、ペンギンの次は黒(じゃなくて闇か)兎が、生贄羊が、銀河鉄道の夜の「赤い蠍の命」のモチーフが、命を担保にした悪魔の契約が16年前既に一度あったのか、「メリーさんの羊」の寓話には、プロメテウス神話入ってるか、生存戦略しましょうか、は「仕事」のコードだったのか、双子なのは親父の方だったのか、だとしたら?地下鉄霞が関駅の事件といえば・・・、並べてもますます脳みそをひっかきまわされるばかりだ。

|

« アニメ映画感想:「マルドゥック・スクランブル 燃焼」 | トップページ | アニメ感想:「スイートプリキュア」第33回 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/52886842

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:輪るピングドラム #12:

« アニメ映画感想:「マルドゥック・スクランブル 燃焼」 | トップページ | アニメ感想:「スイートプリキュア」第33回 »