« 本感想:初恋ダイアリー 片思い(ポプラ社)より「アイの花ことば」(濱野京子・作。サトウユカ・絵) | トップページ | アニメ感想:ギルティクラウン 06 檻 »

2011年11月19日 (土)

アニメ感想:UN-GO(アンゴ)第6話「あまりにも簡単な暗号」

原作は、安吾捕物帖ではなく、独立した短編。復員してきた男を中心とした感動的な話だが、確かにいつもその脚色には舌を巻く。民間刑務所という、時代を巧みに先取りした上に、実質的な思想犯矯正施設といういかにも會川昇らしい胡散臭い設定が良くも悪くも鼻を衝く。そして謎を解き明かした上に、感傷的な原作に対し、感動的なハッピーエンド、というには余りに皮肉な「真実とは」という問いかけを添えた。
その上に驚いたのは敗戦探偵結城ばかりじゃない、謎の自称小説家と憑依している、何者か?あいつも因果か?というオリジナル、しかも限定公開の映画につなげるという構成。この「小説家」が文学でいうところのいわゆるメタフィクションとかいう奴か(よく分からん)。言ってることは昔からミステリー小説批評で指摘される長編ミステリにおける名探偵の致命的な矛盾だ。名探偵が連続殺人事件を止められないのじゃあ名探偵とは言えないってこと。これはかの横溝の金田一耕助にもあてはまる。そこにまたしても、會川らしく「小説家」の口を通じて名探偵の再定義が行われたようだ。ただしこれも、犯罪者は芸術家で、探偵は評論家だ、という定義が昔あったが。

|

« 本感想:初恋ダイアリー 片思い(ポプラ社)より「アイの花ことば」(濱野京子・作。サトウユカ・絵) | トップページ | アニメ感想:ギルティクラウン 06 檻 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/53280444

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:UN-GO(アンゴ)第6話「あまりにも簡単な暗号」:

» ◎UN-GO第6話「あまりにも簡単な暗号」 [ぺろぺろキャンディー]
社会復帰更正センター。刑務所らしい。ヤジマさんが出所してくる。依頼にきた。所内で、男にリンロクの本を貰う。中から、暗号の書いた紙がでてきた。ヤジマの原稿用紙だったので、... [続きを読む]

受信: 2012年4月 8日 (日) 18時36分

« 本感想:初恋ダイアリー 片思い(ポプラ社)より「アイの花ことば」(濱野京子・作。サトウユカ・絵) | トップページ | アニメ感想:ギルティクラウン 06 檻 »