« アニメ感想:輪るピングドラム #22 | トップページ | アニメ感想:ギルティクラウン 10 縮退 »

2011年12月16日 (金)

アニメ感想:UN-GO(アンゴ)第10話「海勝麟六の葬送」

これは、ずばり速水星玄だね。別天王を使えて、登場人物達を役者として活かして演出できる立場は彼だけだ。目的は、彼は政府の犬で社会的に海勝を抹殺することが目的だ。映画劇場版「因果論」のラストの立ち位置、更生センターでの芝居がかった結城の面前での海勝への態度、彼が別天王と組んだとみてもおかしくない、彼だからこそ新十郎を利用し尽くし、因果を呼び出し別天王に従わせ、公安隊や海勝梨絵の所まで立ち回れる。で、海勝の逆襲として水野に手伝わせて自殺を演出、一度姿をくらました。

|

« アニメ感想:輪るピングドラム #22 | トップページ | アニメ感想:ギルティクラウン 10 縮退 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/53499362

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ感想:UN-GO(アンゴ)第10話「海勝麟六の葬送」:

» ◎UN-GO第10話「海勝麟六の葬送」 [ぺろぺろキャンディー]
結城:海勝はベッテンノウを使ってる、のばなしにできるか。ミネ議員が、海勝を国会招致。ベッテンノウ対策として、音声合成ソフトを使って声を置き換えてた。結城:リエさん、あの... [続きを読む]

受信: 2012年5月 5日 (土) 22時01分

« アニメ感想:輪るピングドラム #22 | トップページ | アニメ感想:ギルティクラウン 10 縮退 »